発達障がいであるとの診断や判定を受けた後に、発達障がいにかかる療育(訓練)・支援を受けたいとき
学齢期(6〜18歳)

発達障がいであるとの診断や判定を受けた後に、発達障害にかかる療育(訓練)・支援を受けたい時は、以下の機関で支援方法の助言や療育機関の紹介・情報提供を受けることができます。

まずは身近なところで

大阪市立小中高校、特別支援学校
大阪府立高校(昼間)
大阪府立高校(定時制・通信制)
大阪府立支援学校
私立小学校
私立中学校
私立高校
通学している学校で相談することができます。クラス担任や特別支援教育コーディネーターの先生を通して、ご本人の困っていることについて一緒に考え、校内での支援方法を工夫していくこと、話し合いの機会を得ること等ができます。教育相談機関への紹介もおこなっています。専門学校、短大、大学では、学生相談室の利用をおすすめします。


専門機関

大阪市こども相談センター
大阪市中央児童相談所と、教育センターの教育相談部門が統合し、平成22年1月、 中央区森ノ宮に移転して「大阪市こども相談センター」となりました。   大阪市こども相談センターでは、こどもにかかわる総合的な相談を受けております。


大阪市こども相談センター内電話教育相談
専門の相談員に電話で教育相談ができます。


大阪市こども相談センター内子ども専用電話教育相談
お子さん自身が利用できる悩み電話相談です。


大阪市こども相談センター内特別支援教育相談
専門の相談員に教育相談ができます。発達の状況に基づいた教育・養育についてのアドバイスを受けることができます。


大阪市立総合医療センター(療育相談室)
【お問い合せ先】
総合受付:06-6929-1221
受付時間:平日9:30〜15:30
教職経験のある専門の相談員に相談ができます。
※事前に電話での連絡をお願いします。不在の場合は、後日、こちらから連絡します。


エルムおおさか
専門の相談員に相談ができます。発達障がいに関する情報提供や支援方法についてのアドバイスを受けることができます。


大阪自閉症協会
自閉症協会認定の相談員(自閉症の子どもをもつ親)に相談ができます。発達障がいに関する情報提供や支援方法についてのアドバイスを受けることができます。


大阪市発達障がい者支援マップ HOME へ戻る