『世界自閉症啓発デー』(4月2日)ブルーライトアップ及び発達障がいに係る啓発活動について

 大阪市では、自閉症をはじめとする発達障がいについて正しい理解と認識を深めていただくため、4月2日の「世界自閉症啓発デー」及び4月2日から8日の「発達障害啓発週間」を中心に大阪府・関係団体・民間企業と連携して、各区役所、小学校等でのポスターの掲示やリーフレットの配付に加え、大阪城天守閣・通天閣・天保山大観覧車のブルーライトアップを実施するなど、普及啓発活動に取り組みます。

 自閉症をはじめとする発達障がいは、脳機能の発達が関係する生まれつきの障がいであり、発達障がいがある人は、コミュニケーションや対人関係を築くことが苦手です。

「世界自閉症啓発デー」を契機として、自閉症をはじめとする発達障がいへの理解を深めていただくよう取り組みを実施しています。

 詳しくは、大阪市ホームページ 「世界自閉症啓発デー」(4月2日)のブルーライトアップ及び発達障がいに係る啓発活動を実施します をご覧ください。

 

「世界自閉症啓発デー」(4月2日)、「発達障害啓発週間」(4月2日~8日)

 平成19年12月、国連総会において4月2日を「世界自閉症啓発デー」とする決議が採択されました。また厚生労働省では、この日から8日までを「発達障害啓発週間」と位置付け、自閉症をはじめとする発達障がいへの理解促進のための啓発活動を行っています。

 発達障がいについて詳しくは、大阪市ホームページ 「発達障がいについて知ってください」 をご覧ください。

  

「世界自閉症啓発デー」のブルーライトアップ

 「世界自閉症啓発デー」には世界各地のランドマークが「癒し」や「希望」などを表す青色でライトアップされます。

 本市でも、より多くの方々が自閉症をはじめとする発達障がいについて正しい理解と認識を深めていただくため、大阪府・関係団体・民間企業と連携して、大阪城天守閣(大阪市中央区大阪城1-1)、通天閣(大阪市浪速区恵美須東1-18-6)、天保山大観覧車(大阪市港区海岸通1-1-10)でブルーライトアップが行われます。

大阪城天守閣

 通天閣

ブルーライトアップの様子